3D骨格診断で似合うコーデ見つかる。

RESULT

3 D

V type

逆三角形型の上半身バランスボディ

  • 肩幅 広め
  • ウエストライン なだらか
  • ヒップ ウエストとあまり差がない

肩幅が広く、下半身に向けて細い体型シルエット。ヒップと太ももはコンパクトなので、脚が長く見えるのが特徴。

体型特徴を活かす
コーディネートのつくり方

01 縦長を意識した
ボックスシルエット

上半身はコンパクトにまとめながら、下半身にボリュームを付けることで、 大きく見えやすい上半身とのバランスが取りやすく、 すっきりとした縦長のシルエットをつくることが出来ます。

  • ジャストサイズ・ショート丈のボックスシルエットでコンパクトにまとめる
  • 下半身のボリュームを上半身のボリュームよりやや大きくすることで、傾斜の強い上半身とのバランスが取りやすい

02 裾に向かってボリュームを持たせた
砂時計シルエット

肩回りをシャープな印象にまとめながら、砂時計のシルエットを描くように、 ボリュームのあるボトムスを選ぶことで、上半身とのバランスが取りやすく、肩幅を視覚的にカバー。

  • トップスをインしたり、べルトなどでウエスト位置を強調するとメリハリが付いて〇
  • ボトムスの裾に上半身よりボリュームを持たせると上半身とバランスがよくて〇

他のボディータイプをチェック