MENU

ららぽーと新三郷

コンセプト

JR武蔵野線「新三郷」駅前に広がる51.1haの広大なスペースに、商業施設や住宅、物流施設などを融合させた新しい街「新三郷ららシティ」が誕生します。その商業ゾーンの中核となるのが「ららぽーと新三郷」です。

歩行者デッキでJR武蔵野線「新三郷」駅西口に直結した屋外型モールと、トップライトで自然の光をたっぷり取り入れた屋内型モールが織りなす変化に富んだ空間に、ファッションや食品、日用品などのショッピング施設から、レストランやエンターテインメント施設まで、多彩な店舗が集結。屋外型モールに設けられた直径60mの円形状テントでは、さまざまなイベントが展開されるなど、ショッピングからレジャーまで、あらゆる世代の皆さまにお楽しみいただける大型商業施設です。

ショッピングエリアイメージ
フードコートイメージ

ファッション

流行のファッションを最良の価格で提供する「H&M」「FOREVER21」「ZARA」「Hollister」や「URBAN RESEARCH DOORS」「UNITED ARROWS green label relaxing」など人気のファッション店舗が数多く顔をそろえます。
また2018年春には「GU」が地域最大級の面積でオープンし、更にご利用しやすく充実しました。

食料品・日用品・雑貨

「食品館イトーヨーカドー」や大型家電量販店「エディオン」をはじめ、「ニトリ」「アカチャンホンポ」「ロフト」「ユニクロ」「無印良品」といった人気の大型店舗が勢ぞろい。日常生活で必要なものがほとんどそろい、暮らしを便利にサポートしてくれます。

エンターテインメント

ローラースケートやバッティングなど多彩なスポーツが楽しめる『スポッチャ』のほか、ボウリング、カラオケ、アミューズメントなどさまざまなエンターテインメントがそろった「ラウンドワンスタジアム」。屋内型では世界初となる「きかんしゃトーマス」のテーマパーク「トーマスタウン」。また2018年夏にはARなどを利用した体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネット」が初の常設店としてオープンしました。これまでにない個性的な施設も出店し、大人から子供まで、ご家族皆さまでお楽しみいただけます。

2Fのキッズルームを併設したフードコート

鉄道と駅をモチーフにした新しいゲートを潜ったフードコート(9店舗、約600席)では、BGM演奏や照明(光色・明るさ)が、季節・時間帯により変わる環境演出も体感できます。

国内有数の一大商業ゾーンに

「ららぽーと新三郷」は、スウェーデンの世界的ホームファニッシングカンパニー「IKEA(イケア)」による「IKEA新三郷」や、世界約530カ所で展開する会員制大型卸売り店「コストコホールセール」とともに、「新三郷ららシティ」の商業ゾーンを構成。「ららぽーと新三郷」のオープンにより、これからの時代にふさわしい多様な商品やサービスを提供する国内有数の一大商業ゾーンが誕生します。

ららぽーと新三郷全景