MENU

ららぽーとEXPOCITY

  • 12/27 更新 | イベント

「仮(か)留(す)める、仮想(かさ)ねる」 津波に流された写真の行方

日程:
2019/2/23(土)~2019/2/24(日)
時間:
10:00~21:00
場所:
ららぽーとEXPOCITY 光の広場
2019年2月23日[土]- 24日[日]
ららぽーとEXPOCITY 光の広場
 
箪笥の引き出しに眠っていたアルバム。コルクボードに無造作に貼られていた写真。はからずもそれらは津波によって多くの人々の目に触れることとなった。
被災写真はどれも誰かの記憶の断片である。そのなかには返す宛のないものが幾つもある。それらに触れる場をつくることで、遺された写真の新たな行方を考える。
 
■企画者によるトークセッション
2月24日[日]14:00-16:00 「返せない写真を見ること」
災害の記憶を伝えるために〈モノ〉を遺し継承するということ、特に、実際に被災した当事者ではない人々に災害の記憶を伝え、遺し、継承することの意義と課題について、本展示の企画者が鼎談形式で議論します。
予約不要・入場無料でどなたさまもご参加いただけますので、ぜひお越しください。
 
  • LINE
  • Facebook
  • twitter
  • mail