全国から令和元年の新米が到着

新米の季節ですね。ここ10年くらいで、お米の種類がぐんと増えたと思いませんか。全国的につくられている品種コシヒカリにも、世界遺産の集落でつくられる「越中五箇山」、世界農業遺産に登録された佐渡の「朱鷺と暮らす郷」など、産地の個性を感じさせる銘柄が出てきています。お米を通して産地との出会いを楽しんでみませんか。

お米が主役の和食店、コレド室町1「米祥」の人気メニュー「土鍋炊き お米食べ比べセット(ご飯のお供三種盛合せ付き)」では、厳選された5種類のお米からお客さまに2種類を選んでいただき、各1合ずつ小さな土鍋で炊き上げます。5種類のラインナップは不定期で変わり、令和元年の秋は「越中五箇山」「朱鷺と暮らす郷」のほか、佐賀産「天使の詩」、島根産「きぬむすめ」、宮城産「花キラリ」を新米で提供中です。

猛暑の続いた今年は、例年以上に農作業に苦労されたはず。
おいしい新米を食べて、日本の農業を応援しましょう!

コレド室町1 3F

米祥

おいしいごはんでほっと一息
土鍋ごはんと体に優しい家庭料理

「お米」が主役、「ごはん」がおいしい普段着感覚の和食店。日本全国から厳選した7種類のお米を注文を受けてからふっくら炊き上げます。1人でふらっと立ち寄り、お酒のつまみにこだわりの旬料理を楽しむもよし、仲間と寄って「お米」の食べ比べをしてもよし、楽しみ方は人さまざま。自宅のようにほっと落ち着く空間です。

店舗の詳しい情報はこちら