夏を彩る金魚たち

今年は長梅雨ですね。蒸し暑い日には、日本橋のイベント「ECO EDO 日本橋 2019 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」で、和の夕涼みはいかがでしょうか。
福徳神社に続く仲通りは、「金魚大提灯参道」として、花火や金魚をモチーフにしたデジタルアートに彩られ、江戸の夏の涼を感じられるアートスポットとなっています。日本橋三井ホールでは、金魚とアートが融合した壮大な水族アート展覧会「アートアクアリウム2019」も行われており、コレド室町3のショップでは金魚をモチーフにしたアイテムもお楽しみいただけます。

「山田平安堂」では、和のボンボニエール「キャラメルボックス」に金魚が登場。波紋をあしらった蓋を開けると、かわいい金魚が泳いでいるという、粋なデザインの器です。金平糖などの砂糖菓子のほか、寒天やゼリーを盛りつけるとより涼しさを感じられますね。先人達の伝統を大切にしつつ現代のライフスタイルに合うようなデザインは、夏の内祝いにもおすすめです。

「まかないこすめ」では、日本橋限定の「金魚すくいハンドケアセット」が大人気です。自然素材でつくられた、さらりとした感触のハンドクリームは、夏限定の柑橘系の香りも爽やかで、手を洗う回数が増える夏にぴったり。金魚の石けんはバスルームに夏らしさを添えてくれます。おまけのポイにメッセージやイラストを描き、オリジナルのプレゼントにしてはいかがでしょうか。

「ECO EDO 日本橋 2019 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」は9月23日まで開催しています。
暑い夏の夜には、涼やかな金魚を見に、日本橋に足を運んでみてはいかがでしょうか。

コレド室町3 2F

漆器 山田平安堂

宮内庁御用達、
時代を超えて愛され続ける漆器

「漆器を身近に、もっと楽しく。」1919年創業、宮内庁御用達の漆器専門店。先人達から受け継いできた伝統と技術を守りつつ、現代のライフスタイルに合わせた使いやすい漆器や、オリジナリティあふれる新しい漆器を、創業の地、日本橋より発信。贈り物にはもちろん、日々の食卓や、来客時のおもてなしなど、暮らしのあらゆるシーンで楽しめる漆器をご提案。

店舗の詳しい情報はこちら

コレド室町3 3F

まかないこすめ

贈り物にも最適
自然素材由来の和コスメ

「“和コスメ”を贈る、という美しい心遣い。」をコンセプトにした新発想の店。和の自然素材による肌にやさしいコスメを、「あれこれ選べるトッピング包装」でラッピングしてくれる。ほかに、日本橋店限定のギフトセットなども。人気No.1の「絶妙レシピのハンドクリーム」など「手美人」になるためのハンドケア商品も充実。手肌の美容やケアについて、こまやかなアドバイスがもらえる。

店舗の詳しい情報はこちら