島国・日本だけのホリディ

7月の3連休には「海の日」がありますね。「海の日」という祝日があるのは世界で唯一、日本だけといわれます。日本と海のつながりの深さが、祝日にも表れているようです。日本で多彩な魚介料理がいただけるのも、海が身近なおかげ。海の日は、日本の海の恵みをお魚料理で堪能してみませんか?

銀座の交詢ビル「海栗とワイン つきひ」は、日本の海栗(うに)とワインをテーマにしたイタリアンレストラン。「国産生海栗食べ比べ」では、その日の仕入によって異なる海栗をいただけます。今回は、ムラサキウニ2種とバフンウニ1種の食べ比べ。同じムラサキウニでも産地によって色、甘味、舌触りなどの違いを楽しめます。カウンター席は女性おひとりでの利用も多く、ランチではビジュアルも贅沢な「渡り蟹と雲丹のトマトクリーム・自家製イカ墨のスパゲッティ」も人気メニューです。

海栗の産地としては、北海道が有名ですが、九州や瀬戸内海でも漁獲されています。
今年の海の日はいろんな産地の海栗で、日本の海の恵みを楽しんでくださいね!

交詢ビル 4F

海栗とワイン つきひ

銀座でイタリアン×雲丹!
日本各地より取り寄せた雲丹の食べ比べは雲丹好きならぜひ

広尾の隠れ家から始まった海栗(うに)とワインのお店『つきひ(TSUKIHI)』。銀座に舞台を移して更に進化&リメイクしました。イタリアンをベースとして、海栗をテーマにしたおまかせスタイルの料理と、シャンパーニュやワインを提供しています。

店舗の詳しい情報はこちら