新酒から日本に春が訪れる

平成も残り2カ月になりました。日本酒の「新酒」を味わって、新しい元号の到来とともに、春の訪れをお祝いしませんか?

去年の秋に収穫したお米で仕込んだお酒は、冬から春にかけて出荷が始まります。この時期のお酒は、ワインでいうヌーボーにあたるもの。フレッシュな若々しさは、この時期だけの魅力です。女性にも飲みやすいフルーティーなタイプや、見た目もおしゃれな発泡日本酒など、いろんな新酒を試してみてくださいね。

コレド日本橋の「天ぷら魚新」では、全国のこだわりの蔵から日本酒を取り寄せています。2月後半は、人気銘柄「醸し人九平次」が7年ぶりにつくった、しぼりたて生酒が入荷予定。春の訪れを感じさせるタラの芽や蕗のとう、まだまだ美味しい牡蠣、これからが旬の蛤など、旬の味と季節限定の生酒の相性をお楽しみください。

接待や家族の集まりには、職人が目の前で揚げてくれる個室もおすすめですよ。

コレド日本橋 4F

天ぷら 魚新

旬の新鮮魚介の天ぷらを
出汁のきいた天つゆか海塩で

六本木で25年続いた天ぷら専門店がコレド日本橋に移転。『魚新』のルーツは、明治23年に赤坂で創業した鮮魚店で、ネタの魚介類は長年の鑑識眼にかなった1級品だけを使用。揚げたてを出汁のきいた天つゆか、海水を天日干しした海塩をかけていただきます。かき揚げをくずして食べる「天ばら」もおすすめです。

店舗の詳しい情報はこちら