おすすめアイテム

砥石・シャープナーのおすすめ

グッズ&バラエティ1F

ZWILLING Group Brand Outlet
ご自宅の包丁の切れ味に満足していますか?

今 お使いの包丁の切れ味はいかがですか?

包丁は 使い続けることにより刃先が欠けたり、摩耗して切れ味がだんだん落ちていきます。
切れない包丁で、切った食材の断面は 組織が潰れて食感が悪いだけでなく、料理した時に味がしみ込みにくく味にばらつきが出てしまいます。
切れ味の良い包丁を準備することは 良い食材を準備することと同じくらい、その料理の味も左右します。

トマトや玉ねぎを切ろうとして刃が滑ることはないですか?
切れ味が鈍ると刃が滑りやすくなります。そのまま使い続けることは事故に繋がることがありますのでご注意ください。

切れ味が鈍った包丁は
砥石やシャープナーのようなツールで研削 研磨します。

①砥石
天然砥石と合成(人造)砥石があります。
当店が 扱っているステンレス鋼材包丁には 合成(人造)砥石が適しております。
   店頭にて販売しております。(合成砥石 荒砥~仕上砥)
 シャープニングブックや口頭でご説明いたします。
お気軽にお尋ねください。

②シャープナー
簡易シャープナーという名前の通り 一時的に切れ味を戻しますので、 継続的ではありません。メンテナンスを継続しますと いずれ切れ味が戻らなくなります。そのような状態になった場合は 包丁全体の角度を鋭角に修復するためにも砥石で研ぐことをおすすめします。砥石で研がれた後は またシャープナーを使っても問題ありません。
力を入れすぎると刃こぼれの原因となりますので、ご使用時はお気をつけください。
   各種類、店頭にて販売しております。
 ※ステンレス製の両刃包丁のみ対応しております。
※波刃のナイフには対応しておりません。(パンナイフなど)

グッズ&バラエティ1F

ZWILLING Group Brand Outlet
ツヴィリング グループ ブランド アウトレット

電話番号 086-441-6699

【推奨ブラウザ】

当サイトを快適にご覧いただくには、下記のブラウザを推奨いたします。
Internet Explorer9以降、 Fire Fox最新版、Chrome最新版、Safari最新版
推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でも、お客さまのブラウザの設定によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

adobe reader

本サイトでは、PDFを使用したコンテンツがあります。
コンテンツは、左記のプラグインソフトの最新版をインストールすることでご利用いただけます。