人気ブランドプレスの夜会に潜入!

Happy Halloween!!
座談会

有名ブランドの女性プレスが集う秘密の女子会。
おしゃれな人達の気になるハロウィンの楽しみ方を伺うべく、潜入取材を実施しました。

日本では子どもだけでなく大人も積極的に楽しむハロウィン!

―まずみなさんに「ハロウィン」に対するイメージを聞きたいと思います。
どんな印象をお持ちですか? 実際にパーティーなどに参加したことはありますか?

髙坂さん:最近では、渋谷の街が翌日に荒れ果てているというニュースもありますけど、本来は子どもたちが仮装してご近所をまわったりするものですよね。
古川さん:そうですね、日本では大人が楽しむお祭になっていると思います。デパートなども、ハロウィン仕様の装飾が施されたり、お花屋さんが賑やかになるイメージですね。
水流さん:会社帰りに表参道を歩いている時、子どもたちとお母さんが路面店でお菓子をもらっているシーンを見たことがあります。日本でもすっかり浸透しているんだなって感じました。
田中さん:家の近くにアメリカンスクールがあるので、ハロウィンになると子どもたちが家を訪ねてくるし、会社でも子どもたちや家族を招いて会議室でハロウィンパーティーを開いたりしています。
子どもだけでなく、最近は大人も積極的に楽しむイベントになっているし、なんなら本国よりも実は盛り上がっているのかもしれないって思います。
髙坂さん:私は一昨年だったかな?友人が10月に結婚式を開いたんですけど、ハロウィンシーズンだったので、披露宴の途中で子どもたちが色々なキャラクターに仮装して、テーブルを順番にまわってくるというサプライズがあって、とても癒されました。そうやって誕生日などでも、もともとあるお祝いと絡めて盛り上げるにはいいイベントですよね。
田中さん:私もハロウィンは料理をすると、ついハロウィン仕様のピックとかを飾り付けます。
雑貨屋さんとかで見つけるとついつい欲しくなっちゃうんですよね、ハロウィングッズって。
水流さん:実は私の妹が結構本格的に仮装してハロウィンを楽しむタイプで、毎年手の込んだ仮装をして街へ繰り出すんです。覚えているのは歌舞伎風のメイクをして友達と出て行ったことがありました。思いっきり楽しむのもありですね。

ハロウィンの過ごし方は場所や環境によって千差万別!

―皆さんも含めて、多くの人が参加したことのあるハロウィンですが、みなさんは今年どんなハロウィンを過ごしてみたいと思いますか?

水流さん:私はお料理でハロウィン気分を取り入れるのがいいかなと思います。秋の味覚でもあるカボチャを使って、ジャック・オー・ランタンをイメージしつつお料理を作りたいです。あとは持ち寄りでホームパーティーをしたいですね。
田中さん:いいですね、私も仮装するには移動がちょっと恥ずかしいので、友人の家で着替えてその場で仮装を楽しみつつホームパーティーを開きたいかな。
髙坂さん:私は思いきって本格的に仮装したいですね。数年前に女子高生のコスプレをしたんですけど、アパレル系の友達などで大人数で集まって結構盛り上がりました。やるならヘア&メイクやスタイリストの友達にお願いして、特殊メイクをしたり自分の身体に合わせて衣装を作ってもらったりしたいかも。
古川さん:私も高坂さん派ですね。去年友達がリムジンを貸し切って仮装しながら都内をぐるぐる回っていたんですけど、やるからにはそのくらいやりたい!
髙坂さん:そう、一生に一度くらい盛大にやってもいいかもね(笑)。
田中さん:そう考えると、ハロウィンって、誰とどこでどう楽しむかは結構多種多様に選べる時代だし、日本は柔軟に楽しめる空気がありますよね。

メイクしたりパーティーしたり細やかなことから取り入れよう!

―それでは、まだハロウィンイベントに参加したことのない方に、どんなところから楽しめばいいかアドバイスをもらえますか?

田中さん:日本は仮装を楽しむ風潮があると思うから、それに便乗してディスカウントショップにあるパーティーグッズで仮装を楽しんでみるとか。
水流さん:私はメイクやファッションアイテムで取り入れるのも、これからはありかなって思います。ちょっとデザイン性のある帽子を取り入れたりね。
古川さん:私もファッション的に言うと、ダーク系のリップやアイテムを取り入れてハロウィンの雰囲気を楽しんでみたい。
田中さん:今でもすでに、かなりの経済効果が表れているっていうし、日本ではこれからますます盛り上がって行くイベントだと思うので、ささやかなことからでも楽しむのはオススメですね。
髙坂さん:うちもブランドをあげて子どもたち向けに、ハロウィン仕様のステッカーを配ったことがあるから、ファッション業界でも無視できないイベントになってきていることは確かです。
古川さん:飲食店やコンビニでも限定のスイーツが出てたり、それを食べるだけでもハロウィン気分は楽しめますよね。

―クリスマスくらい無視できないイベントになってきてるからこそ、是非積極的に楽しみたいと思います!

GLOBAL WORK プレス
髙坂 小桃 さん

ワンピース(インナーシャツとセット) \5,940(税込)
デニムパンツ \4,860(税込)
サンダル \4,320(税込)
GLOBAL WORK 3F

※その他はプレス私物

URBAN RESEARCH Store プレス
古川 聡子 さん

ブラウス \8,640(税込)
タイトスカート \9,720(税込)
〈MILLIWM〉ミュール \15,660(税込)
URBAN RESEARCH 2F

※その他はプレス私物

BANANA REPUBLIC プレス
田中 藍実 さん

〈BANANA REPUBLIC×Olivia Palermo〉ブラウス \ 16,000(税込)
〈BANANA REPUBLIC〉パンツ \12,000(税込)
BANANA REPUBLIC 2F

※その他はプレス私物

OPAQUE.CLIP プレス
水流 亜沙美

ニット ¥3,780(税込)
〈OPAQUE.CLIP×Dickies〉スカート \10,260(税込)
バッグ \5,390(税込)
BISES OPAQUE 2F

※その他はプレス私物

shop info