MENU

ららぽーと新三郷

  • 07/05 更新
保険相談サロンFLP ららぽーと新三郷店

【火災保険⑤】必要な補償を安く買うための見積もりの重要ポイントとは?

火災保険に加入する際、銀行やハウスメーカー、不動産会社から勧められるままに火災保険に加入していませんか?
必要な補償を安く買いたい方のために、火災保険見積もりのポイントをお伝えします!
 
■見積もりの重要な3つのポイント
 火災保険を無駄なく安く入るために、下記の3つのポイントを抑えましょう。
 
■ポイント1 〈補償の付け外しで保険料が安くなる〉
    実は火災保険は火災だけでなく、洪水や台風、大雪、地震など様々な災害に対する補償がセットになったもので、基本の補償である火災、落雷、破裂・爆発以外の補償は付け外しが可能です。もちろん補償を付ければ保険料は高くなりますし、補償を外せば保険料は安くなります。

■ポイント2 〈保険料をまとめて払うほど安くなる〉
 住宅の火災保険は最長10年で新規契約が可能です。
 火災保険には長期契約割引があり、契約期間が長いほどその割引率は大きくなりますので保険料は割安です。10年契約の一 括払いでは1年契約に比べ、保険料を約18%節約することができます。また、月払いよりも年払いの方が安くなります。

■ポイント3 〈「免責金額」を高くすれば安くなる〉
 免責金額とは、事故が発生した場合に自己負担する金額のことで、それを超える金額に保険金が支払われることになります。 保険会社や商品によって異なりますが、免責金額は、免責金額無し、3万円、5万円・・・といった数段階に設定されていて、契約者が選ぶことができ、免責金額が高ければ保険料は安くなります。

 店舗の予約に関してはこちらから
 https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/shinmisato
 お客様の声を聞かせてください。
 https://g.page/FLPshinmisato/review?rc
 店長の詳しいプロフィールはコチラから
 https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/inagaki-pro
  • LINE
  • Facebook
  • twitter
  • mail