MENU

ららぽーと新三郷

  • 05/24 更新
保険相談サロンFLP ららぽーと新三郷店

【火災保険③】火災保険は絶対必要?

そもそも火災保険の必要性に疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、実際に火災事故の確率や、火災が起こった際の被害額についてお話します。
 
 
■30年間で火災に罹災する確率は0.68%
 火災はめったに起きるものではありません。
 日本の世帯数56,412,140世帯のうち、1年間の住宅火災件数は12,922 件でした。
 1年間の発生確率は0.0229%、30年間における発生確率でいうと0.68%となり、
 145件に1件の割合です。 火災に罹災する確率はかなり低いことがわかります。
 
■火災が起きた時の被害金額は?
 火災が起きた場合、住まいや財産などに損害を被ります。最悪の場合、住居を失い、家具などの
 生活に必要な財産をすべて失うこともありうるのです。
 さらに、住宅ローン返済中であれば、失った家の住宅ローンの返済や、
 新たな生活をするための住まいの費用も発生してしまいます。
 全ての費用を合わせると数千万円にのぼるということは言うまでもないでしょう。
 例えば、火災による全損時の建物平均支払額1,324万円となっております。
 
■火災保険の必要性
 上記のような場合に火災保険に加入していれば、保険金が受け取ることができ、
 住宅ローン返済費用や新しい住まいの費用に充てることができます。
 
 火災に罹災する確率は低いですが、もし罹災してしまったときの経済的リスクが
 大きい為、火災保険の必要性は非常に高いと言えます。
 


保険相談サロンFLPでは、無料で何度でも保険の相談をすることができます。
気になること、心配なことなどございましたら、お気軽にご来店ください。

 店舗の予約に関してはこちらから
 https://www.f-l-p.co.jp/shoplist/shinmisato

 お客様の声を聞かせてください。
 https://g.page/FLPshinmisato/review?rc

 店長の詳しいプロフィールはコチラから
 https://www.f-l-p.co.jp/store-manager/inagaki-pro
  • LINE
  • Facebook
  • twitter
  • mail