• HOME
  • TREND
  • 着映えが叶う!大人のワンピース着こなしマニュアル~前編:1枚でキマる、大人ワンピース~
TREND

着映えが叶う!大人のワンピース着こなしマニュアル~
前編:1枚でキマる、大人ワンピース~

2019/04/12

いよいよ春本番!ワンピースを1枚で着られる季節の到来です。多くのブランドがたくさんのワンピースをリリースしている中で、大人の女性らしさを引き出してくれるワンピースとは?今季のトレンドもおさえながら、大人見えするワンピースの選び方を前編と後編に分けてお届け。女性誌で大人気のスタイリスト高橋美帆さんが指南します。前編は“1枚でキマるワンピース”を、後編では“レイヤードして着こなすスタイリング”をご紹介します。これを読んだらさっそく、この春の一着を見つけに出かけてみては。

セパレート風ワンピース

1枚で着映えするワンピースの要となるのは、デザイン性が高いものであること。このワンピースは、シャツとスカートにセパレートして見えるデザインが特徴的。大人見えするワンピースを選ぶポイントの1つは丈感です。膝下~足首くらいのエレガントに見える丈感を選びましょう。今年は全体的に、着丈が長めなものが主流、大人見えワンピースが豊富にでています!

前身頃は、シャツの裾をキュッと結ぶことでウエストマークにも。腰高に結ぶと自然と脚長に見える効果が。裾を結ばずにインして着てもOK。

ワンピース ¥14,040(税込)[Mila Owen]/〈BAGMATI〉バッグ ¥16,956(税込)[SHIPS]/〈Plakton〉サンダル ¥8,532(税込)[FREAK’S STORE]/イヤリングはスタイリスト私物

カフタンワンピース

マルチストライプがIラインを強調して、着るだけで細見えするワンピース。カラフルなストライプも柔らかな色合いの組み合わせなので、派手になりすぎない華やかさ。軽やかに風をまとう透け感も魅力です。ペチコートをインして着こなして。サイドスリット入りで足さばきもよく、ゆるやかなAラインのシルエット。エキゾチックなムードのあるカフタンワンピースはリゾート地でも映える1着です。

カフスが長く、動くたびに花びらのようにフレアに広がる袖口。手首を華奢に見せてくれるうえに、ノーアクセサリーでも手もとが華やかに!

〈NE QUITTEZ PAS〉ワンピース ¥19,440(税込)・サングラス ¥8,640(税込)・〈FAEDA〉ミュール ¥14,904(税込)[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS]/〈Robert P. Miller〉タンクトップ ¥3,996(税込)[FREAK’S STORE]/〈DOMINIQUE DENAIVE〉イヤリング ¥12,960(税込)・〈BEACHGOLD〉バッグ ¥8,424(税込)[SHIPS]

ギャザーワンピース

ベーシックカラーは便利だけど、今年は旬のカラーワンピースを手に取りたいもの。大人見えするワンピースは、パキッとしすぎない色みを選ぶのがポイントです。トレンドのイエローも少し落ち着いたトーンなら大人の女性にしっくりとなじみます。正面ではなく、バックスタイルにデザインポイントがあるので、ウエストポーチで腰の位置を高めにマークすると、今年らしくワンランク上の着こなしに。

正面から見るとシンプルなワンピースですが、背中には大きめのリボンのあしらいが。後ろから見るとセパレート風に見えるデザインもポイント。

ワンピース ¥8,532(税込)[SHARE PARK]/ライダース ¥35,640(税込)[FREAK’S STORE]/サングラス ¥2,700(税込)・ベルトバッグ ¥3,132(税込)[LEPSIM]/サンダル ¥11,664(税込)[Mila Owen]

カーキワンピース

前が短く、後ろにかけて裾が長くなる前後差のあるワンピースもトレンド。前裾が短い分、肌が出る分量が増え、脚が長く見える効果が。全体的にはゆったりとしていて体型を拾わないシルエットだけれど、大きくタックが入ることで動くと表情が変わる点も魅力。柔らかなカーキ色でワンピースが主張しすぎない分、小物でトレンドを効かせて。イエローは今季の注目カラー。PVCバッグもこれからの季節にかけて活躍します。

バックスタイルに大きなリボンをあしらったデザイン。振り向いた時にガーリーな表情をのぞかせる意外性にハッとさせられる1着。

ワンピース ¥11,880(税込)[Mila Owen]/ピアス ¥637(税込)[GU]/バッグ ¥5,292(税込)[SENSE OF PLACE]/〈REMME〉サンダル ¥13,824(税込)[SHIPS]

PROFILE

高橋美帆|TAKAHASHI MIHO
スタイリスト

「LEE」「BAILA」(集英社)をはじめ、数々の女性誌で活躍中。自身の私服コーデも人気が高く、誌面で取り上げられるなど注目のスタイリスト。

Photographer:ARATA SUZUKI / Stylist:MIHO TAKAHASHI / Hair&Make-up:TOMIE / Model:MARINA FUKUYOSHI / Writer:AYA KURIBAYASHI

Mila Owen

出店施設

SHIPS

出店施設

FREAK'S STORE

出店施設

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

出店施設

SHARE PARK

出店施設

LEPSIM

出店施設

SENSE OF PLACE

出店施設