• HOME
  • TREND
  • 色&柄で即おしゃれ見え!コーディネート最旬着こなし実例 〜色編〜
TREND

色&柄で即おしゃれ見え!
コーディネート最旬着こなし実例 〜色編〜

2018/08/24

たくさんのポップな色や華やかな柄がトレンドとなっているこの秋。どんな組み合わせで楽しめば良いかがひと目でわかる着こなしのポイントをまとめました!こちらの記事では注目の色を使ったコーディネートをご紹介。

マークのある商品は&mallで購入できます

YELLOW×PINK

イエロー×ピンク

かわいらしい配色は大人っぽいアイテムで

イエローもピンクも色自体がキュートだから、選ぶアイテムは子どもっぽくないものを。ハリのある素材のロングシャツワンピや、微光沢のあるサテンパンツなどを選ぶと大人っぽく仕上がる。

シャツワンピース ¥17,280(税込)[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS]/〈Lee×ViS〉 刺繍ノースリーブTシャツ ¥3,132(税込)[ViS]/ リラックスサテンワイドパンツ ¥6,372(税込)[Free's Mart]/ベルトウエストポーチ ¥4,860(税込)[mystic]/キャップ ¥2,900(税込)[Gap/GapKids]/ショートブーツ ¥24,840(税込)[ダイアナ]

YELLOW×RED

イエロー×レッド

原色同士のアイテムはくすみトーンを選択

イエローでもマスタード寄りの色み、赤でも渋めの赤。くすんだ色なら、インパクトのある色同士もすっきり馴染む。

スウェット ¥5,389(税込)[E hyphen world gallery] /ウエストリボンミディスカート ¥3,229(税込)[KOE]/バッグ ¥8,964(税込)[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS]/ハット ¥10,368(税込)※2018年9月後半入荷予定[override]/ ポインテッドトゥパンプス ¥12,960(税込)[B:MING LIFE STORE by BEAMS]

YELLOW×BLUE GREEN

イエロー×ブルーグリーン

深みのある大人色で洗練ムードに

イエローに洗練された大人っぽさを添えてくれるのがブルーグリーン。ジャケットの下にロゴトップスを合わせてもストリートっぽくなりすぎない。

コーデュロイワークジャケット ¥9,612(税込)[MURUA] /プリントT ¥890(税込)[Bershka]/ワイドパンツ ¥8,629(税込)[SLY]/バンブーファートートバッグ ¥9,504(税込)[FREAK'S STORE]/ポインテッドフラットシューズ ¥2,149(税込)[GU]

NEON×BLACK

ネオン×ブラック

1点投入で一気に今っぽく!

ネオンカラーのバッグを取り入れることで、端正でハンサムなブラックスタイルがさらにもう一歩進化。

テーラードジャケット ¥5,389(税込)[GU]/フロッキーレーストップス ¥5,292(税込)[MURUA]/ ハイライズヴィンテージライクデニムパンツ ¥9,504(税込)[Mila Owen]/〈フレドリック パッカーズ〉別注アクティブパック ¥4,536(税込)[FREAK'S STORE]/〈エーエムビー〉ソックス ハイスニーカー ¥31,320(税込)[BEAMS]

NEON×NEON

ネオン×ネオン

今季らしさ満点の配色といえばコレ!

ネオンカラーのニットとネオンカラーのストールを合わせる大胆な配色。ほかのアイテムは、シックなネイビーカラーでまとめて。

〈レイ ビームス〉畦編クロップドタートルニット ¥11,880(税込)[BEAMS]/スカート ¥7,020(税込)[mystic]/〈ニューベリーニッティング〉別注スカーフ&グローブ ¥6,264(税込)[FREAK'S STORE]/スタッズトートバッグ ¥2,689(税込)[GU]/〈ダイアナ ウェルフィット〉スウェードパンプス ¥15,660(税込)[ダイアナ]

NEON×PURPLE

ネオン×パープル

色×色でも取り入れやすい組み合わせ

上下パープルのワントーンの洋服に、ネオンカラーのバッグを合わせた装い。パープルがくすんで落ち着いた色みなので、意外と着こなしやすい。

ハミルトンボートネックプルオーバー ¥8,532(税込)[B:MING LIFE STORE by BEAMS]/ふんわりロングスカート ¥4,309(税込)[Green Parks topic]/バッグ ¥3,769(税込)・スニーカー ¥14,040(税込)[アディダス オリジナルスショップ]

Photographer:KAZUKI NAGAYAMA[Model] TAKEHIRO UOCHI[Stil Life] / Stylist:MARI YOKOYAMA / Hair:KOICHI NISHIMURA / Make-up:AIKO ONO / Model:MAYUMI SADA / Writer:KANAKO TAKAHASHI / Creative director:Takuro Nozaka(NOE INC.)