• HOME
  • TREND
  • 秋の最新トレンドダイジェスト 〜アイテム編〜
TREND

秋の最新トレンドダイジェスト
〜アイテム編〜

2018/08/24

この秋、押さえておくべき10コの話題のトレンドアイテムをダイジェストで紹介します!今シーズンは、90年代に流行したアイテムのブームが再燃し、リバイバルトレンドも豊富。懐かしいアイテムをどのようにすれば鮮度よく着こなせるかも要チェックです。前編ではまず、5つのトレンドアイテムを紹介します!

マークのある商品は&mallで購入できます

ビッグシルエット

90年代に大ブレイクしたビッグシルエットが、より今季らしいシルエットにアップデートされて登場。ドロップショルダーやボリュームのあるそでのデザインで、シンプルなタートルネックニットも見違えるように新鮮に。この秋なら、ニットのすそをタックインせずに、あえて出して着るのもおしゃれ。

ソフトラムタートル ¥7,452(税込)※2018年10月上旬入荷予定[CIAOPANIC]/チュールベロアスカート ¥5,292(税込)[SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH]/キャスケット ¥4,309(税込)[SLY]

ロゴ・モチーフ

大人世代には懐かしく、ミレニアル世代には新鮮なロゴやモチーフ。こちらも、90年代に一世を風靡したトレンドアイテム。今季はトップスだけでなく、ワンピースや小物まで幅広いアイテムを見つけることができる。王道にストリートテイストで着るもよし、あえてドレッシーに着るのも今年らしい!

(左から)ロゴプルオーバー ¥6,372(税込)[CIAOPANIC] / ワンピース ¥7,452(税込)[UNITED ARROWS green label relaxing]/〈FILA×FREAK'S STORE〉別注ロゴパーカー ¥13,824(税込)[FREAK'S STORE]/クルーソックス ¥2,473(税込)※2足セット[アディダス オリジナルスショップ]/ニットキャップ ¥10,584(税込)※2018年9月下旬入荷予定[DIESEL]/〈FILA〉 トレーナー ¥4,957(税込)[E hyphen world gallery]/〈ビームス ボーイ〉ロングスリーブTシャツ ¥5,184(税込)[BEAMS]

サイドラインパンツ

スポーティなサイドラインパンツも、90年代に流行したアイテムのひとつ。シンプルなニットをあえてカジュアルに着崩すおしゃれ感が、ベーシックなスタイリングに旬のムードを加えてくれる。足元を女らしいパンプスにすることで、たちまち大人の女性も取り入れやすい着こなしに。

ラインパンツ ¥13,000(税込)・ニット ¥14,000(税込)[BANANA REPUBLIC]/チェーンピアス ¥2,484(税込)[CIAOPANIC TYPY]/レザータッチブレスレット ¥637(税込)[GU]/パンプス ¥15,660(税込)[ダイアナ]

クロスボディバッグ

いつもの着こなしに取り入れるだけで一気に今っぽくなれるアクセントに最適な小物。大人が取り入れるなら、深いモスグリーン色のカラーや、チェーン使いのストラップなど、辛口なタイプから始めるのがおすすめ。

チェーンウエストポーチ ¥6,912(税込)[MURUA]/ロングトレンチコート ¥5,389(税込)[E hyphen world gallery]/〈Lee×ViS〉 刺繍ノースリーブTシャツ ¥3,132(税込)[ViS]

ショートブーツ

この秋のコーディネートの仕上げに欠かせないのが、NEWモデル多数のショート丈のブーツ!デザイン、色、素材などバリエーション豊富に揃う中、大人の女性にトライしてほしいのは、懐かしいピンヒールの細身なタイプ。正統派なコンサバスタイルに合わせるというよりは、カジュアルなキャップでひと外しするくらいが今の気分にマッチ。

ショートブーツ ¥24,840(税込)[ダイアナ]/ポコポコニットプルオーバー ¥3,229(税込)※2018年10月上旬入荷予定[Green Parks topic]/タイプライターフレアスカート ¥9,180(税込)[B:MING LIFE STORE by BEAMS]/コーデュロイキャップ ¥3,132(税込)[CIAOPANIC TYPY]

リバイバル記事はこちら

Photographer:KAZUKI NAGAYAMA[Model] TAKEHIRO UOCHI[Stil Life] / Stylist:MARI YOKOYAMA / Hair:KOICHI NISHIMURA / Make-up:AIKO ONO / Model:MAYUMI SADA / Writer:KANAKO TAKAHASHI / Creative director:Takuro Nozaka(NOE INC.)