LaLaport/LAZONA
  • HOME
  • SKILL
  • 骨格スタイル分析で「似合う」を体感! 大変身ビフォーアフター vol.3
SKILL

骨格スタイル分析で「似合う」を体感! 大変身ビフォーアフター vol.3

2018/02/23

「自分に似合う服がわからない…」と悩む女性を、骨格スタイル分析のプロの手で素敵に変身させる『大変身ビフォーアフター』。第3弾は、おふたりに登場いただき、春にぴったりの華やかコーディネートで大変身していただきました。骨格スタイル協会本部講師のましこさんによる、すぐに真似したいヒントが満載のスタイリングは必見!

骨格スタイル分析で「似合う」を体感! 大変身ビフォーアフター vol.1
ようこさん
身長:155cm
年齢:40代
職業:主婦

年齢を重ねるごとに、何を着ていいかわからなくなったというようこさん。子どもがいるので普段は動きやすさ優先。ゆったりした服やパンツスタイルが多いそうです。「ショッピングは好きなんですが、気づけばいつも同じような服ばかり買ってしまって…。自分では選ばないような女性らしいファッションにも挑戦してみたいです」

「ナチュラルタイプ」とセルフ診断していたようこさんですが、骨格チェック開始早々に「ナチュラルではなさそう」とましこさん。肩や鎖骨、骨盤、肌の質感などを手で確認して、慎重に診断していったその結果は…?

骨が細く華奢な体型で、ふわふわとした柔らかい肌の持ち主であるウェーブタイプ。ハリのある素材だと肌質が負けてしまうので、ポリエステルやシフォンなどの柔らかい素材がマッチするとのこと。最初にましこさんが向かったのは、上品で清潔感のあるスタイルが幅広い年代の女性に人気のROPÉ(ロペ)。「春らしいふんわりとしたニットなどは、すごくお似合いになりそう。ウェーブタイプが深いVネックを着ると寂しい印象になってしまいがちですが、ようこさんは胸もとに立体感があるので深めでも大丈夫!」

女性らしくてカッコいいファッションに憧れるというようこさんに、2種類のタイトスカートを合わせてみるましこさん。「フレアスカートでXラインを作るのはウェーブタイプの鉄板ですが、レースなどの軽い素材にすればタイトスカートもOK。トップスの丈は短めにして、重心を上に上げましょう」。フロントに大きなポケットがついたスカートを合わせてみるも、「ポケットが目立ちすぎてウェーブさんには重いかも」とのこと。

次に向かったのは、ベーシックでありながら洗練された着こなしが楽しめるPLST(プラステ)。「デニムをよく穿かれるとのことなので、デニムを使ったコーディネートも組んでみたいと思います。デニムにTシャツといったシンプルなファッションだと地味に見えてしまうタイプなので、華やかなデザインのものを合わせるのがおすすめ」

選んだのは、きれいめシルエットのインディゴデニム。ウェーブタイプは手首や足首が華奢な人が多いタイプのため、七分丈やクロップドなど短めのデザインで細さを強調すると、スタイルアップにつながるのだそう。「柄ものを取り入れたいときは、ドットや小花柄、ギンガムチェックなど、小さい柄を選ぶのがポイント。春らしく可憐な印象になるのでぜひトライしてみてほしいです!」

甘すぎないピンクのレーススカートで、
大人のフェミニンスタイルに。

普段はまったく穿かないというタイトスカートを主役にした、フェミニンな春コーデ。ウェーブタイプに合うレース素材を全体的に使った華やかなデザインですが、甘すぎず落ち着いたピンクなので、年齢にふさわしい上品な雰囲気に仕上がっています。ニットのトップスは、ウエストと袖の丈を少し短めに着て女性らしさをプラス。「バッグも小さめが似合うと聞いてびっくり。小物の選び方も骨格タイプによって違うんですね(ようこさん)」

衣装協力 | ららぽーとTOKYO-BAY(ROPÉ)

いつものデニムスタイルも、
サイズ感と合わせるアイテムを変えて洗練度アップ。

コンパクトなシルエットのアンクル丈デニムなら、下重心になりがちなウェーブタイプも簡単にスタイルアップ! ウエストと袖の丈が短めのベルスリーブニットで、デニムスタイルを爽やか&軽やかにアップデートしています。コロンとした小さめのかごバッグも、ドット柄のフラットシューズも、可愛らしい印象のようこさんにぴったり。

衣装協力 | ららぽーとTOKYO-BAY(PLST)

続いては・・・

尾形さん
身長:160cm
年齢:40代
職業:主婦

最近おしゃれに目覚めた15歳の娘さんが、似合う服をアドバイスしてくれるという尾形さん。赤のニットやグレンチェックのパンツなど、スタイリッシュなアイテムを着こなしています。「学生時代に水泳や陸上をやっていたので、肩まわりや太ももはわりとガッチリ。ついメンズライクな服を着てしまうんですが、この機会に雰囲気をガラッと変えてみたいです」

尾形さんのセルフ診断結果は「ナチュラルタイプ」。気になると言っていた肩や腰まわりに触れたり、ネックレスを当てたりしながら、丁寧に診断していきます。果たして結果は!?

ややしっかりした骨格で、手足が長い中性的なボディを持つナチュラルタイプ。「ウェーブタイプとは反対で、重心を下げたラフな着こなしが似合うタイプです。春はぜひトレンチコートをさらっと着てほしい!」というましこさんが選んだのは、大人のスタイリッシュなアイテムがそろうnano・universe(ナノ・ユニバース)。

どんなシーンにもマッチするトレンチコートは、春のマストアイテム。新調するなら自分の骨格タイプに似合う1着を厳選したいもの。「ロング丈のトレンチも難なく着こなせてしまうのがナチュラルタイプ。襟が大きめだったり、ドロップショルダーになっていたり、個性のあるデザインを思いきり楽しむのがおすすめです」とましこさん。

雰囲気を一新したいという尾形さんのために、女性らしいスカートスタイルを提案すべく、次に向かったのはURBAN RESEARCH STORE(アーバンリサーチストア)。カジュアルをベースにした多彩なアイテムが並ぶ店内で、尾形さんに似合いそうなスカートやワンピースを次々と手に取ります。「大きめの花柄やエスニック柄など大胆なモチーフも、骨格の強いナチュラルタイプなら柄に負けずに着こなせます。エレガントな印象にするならこれかな…」

ラストは、さまざまなテイストが融合した自由なカジュアルスタイルが人気のUngrid(アングリッド)。カラフルなニットやワンピースが並ぶ店内を見て、「今日の赤いニットは娘が選んでくれたんですけど、自分では黒・白・グレーなどモノトーンばかり選んでしまって…」と尾形さん。先ほどセレクトしたトレンチコートやスカートに合わせて、今度は色ものをチェック!

きれい色ニットと花柄スカートで、
媚びないエレガンスを手に入れる。

大胆にちりばめられたフラワーモチーフ、コントラストのきいた色使い、足首までのロング丈…エレガントなのに軽やかなムードを感じさせるスカートスタイルが完成。ざっくりとしたローゲージやハリのあるニットが似合うナチュラルタイプですが、尾形さんの場合は骨格が強すぎず、ストレートタイプの要素も持ち合わせているので、薄手の柔らかなニットもOK。ドロップショルダーを選べば着やせ効果もあります。大きめのかごバッグでさらに下重心に!

衣装協力 | ららぽーとTOKYO-BAY(アーバンリサーチストア)

トレンチ×ワイドパンツの黄金バランスを、
ヴィヴィッドな差し色で遊んで。

ロング丈のトレンチコートにワイドパンツは、ナチュラルタイプが得意なスタイル。パイソン柄の太ヒールパンプスと、フリンジのついたバッグで、重心をさらに下げてこなれ感をアップしています。普段あまり着ないというヴィヴィッドカラーのニットを差し色にして、大人の遊び心をプラス。ラフにまくったトレンチの袖から覗く存在感のあるバングルも、好バランスの秘訣。

衣装協力 | ららぽーとTOKYO-BAY(nano・universe、Ungrid(アングリッド))

WEBサイトをご覧の皆さまも下記より骨格スタイルを診断できます!

PROFILE

ましこ えいこ | Eiko Mashiko
骨格スタイル協会 本部講師

アパレルやIT企業など、さまざまな企業の人事総務部門に15年間勤務。2回の産休育休を経てワーキングマザーとして活躍する中、40歳を目前に一念発起し、もともと好きだったファッション業界への転身を決意。現在は、30〜40代の働く女性やママに特化したパーソナルスタイリスト、骨格スタイル協会の本部講師として活躍中。

※施設・店舗により商品の取扱が異なります。予めご了承ください。

ROPÉ

出店施設

PLST

出店施設

URBAN RESEARCH STORE(アーバンリサーチストア)

出店施設

nano・universe

出店施設

Ungrid(アングリッド)

出店施設