LaLaport/LAZONA
  • HOME
  • PEOPLE
  • [バナナ・リパブリック アーバンドッグ ららぽーと豊洲店 スタイリングエキスパート 吉永かおり] お客さまの“似合う”を引き出す、 “スタイリング エキスパート”のいる店
PEOPLE

[バナナ・リパブリック アーバンドッグ ららぽーと豊洲店 スタイリングエキスパート 吉永かおり]
お客さまの“似合う”を引き出す、 “スタイリング エキスパート”のいる店

2018/02/13

BANANA REPUBLIC

「バナナ・リパブリック」は、カリフォルニア発信の都会的で洗練されたスタイルを提案。2005年の日本進出以来、定着した人気を誇り、老若男女、幅広い層に愛され続けるグローバルファッションブランドです。そんな 「バナナ・リパブリック」のストアには、お客さまへのスタイリング提案をプロフェッショナルな立場からおこなう、 “スタイリング エキスパート”という肩書きを持つスタッフが存在します。アーバンドック ららぽーと豊洲店では、 まるでパーソナル スタイリストとの洋服選びを楽しめるかのごとく、親身になってあなたの“似合う”をともに考え、見つけてくれるスタッフ・吉永かおりさんがお客さまを迎えます。

おしゃれの楽しさを体言&発信する
“スタイリング エキスパート”とは

――スタイリング エキスパートとは、具体的にどんなお仕事をされるスタッフなのですか?

吉永かおり(以下、吉永):基本的に販売のスタッフであることに変わりはないのですが、よりお客様へのサービスを向上するためのトレーニングを受けたスタッフを、バナナ・リパブリックでは“スタイリング エキスパート”と呼びます。具体的には、接客の際に役立つカラーコーディネートのレッスンなどを受けているので、配色コーディネートの提案も含めて、お客さま一人ひとりの個性にあったお洋服選びのお手伝いができます。また、店舗で開催されるスタイリングイベントなどでは、スタイリング エキスパートたちに招集がかかり、会場にいらしたお客さまへのコーディネートアドバイスを行うなど、イベントに参加し、進行をサポートすることも。スタイリング エキスパートに選ばれたことで、お店で1対1の接客をするのとはまた違う、楽しい経験も数多くさせてもらっています。

――スタイリング エキスパートに選ばれたことで、吉永さんの接客に何か変化はありましたか?

吉永:幸せなことに、入社から8年のキャリアの中で、販売の仕事はずっと楽しいと思ってやってきていましたが、2年前にトレーニングを受けたことでお客さまへのアドバイスに、より自信が持てるようになりました。新しい提案も積極的にできるようになりましたね。とくに今勤務している豊洲店は、場所柄もありますが、日中は小さなお子さんを持つママからご年配の方、夕方以降は会社帰りのOLの方、週末はお母さまとお嬢さまの親子二世代など、客層が幅広い。そういった世代もライフスタイルも全く異なるお客さまが、それぞれ何を求めていらっしゃるか、その人らしさとは何かを考えながら洋服選びをお手伝いするのは、とても楽しいです。もちろん、お客さまとの距離感は大事ですが、親身になってより深いアドバイスができた時、そのお客さまが再び私を訪ねて来店してくださった時などは、この仕事に就けて幸せだなあと実感しますね。

お客さま&スタッフとの日々の会話から紐解く
“似合う”のヒント

――吉永さんを頼っていらっしゃるお客さまには、どんなお悩みを持つ方が多いのでしょうか?そしてそんなお客さまにはどんなアドバイスを心掛けていますか?

吉永:まず、お悩みで多いのは体型のことですね。次に、自分でショッピングをすると同じようなものばかり買ってしまって変化がなく、マンネリ気味という悩みを持つお客さまが圧倒的です。私がお買い物のアドバイスをする際に気を配っているのは、お客さまの個々の好みやライフスタイルを汲み取ってさしあげること。どんなにワードローブを新鮮に、おしゃれを刷新したいと思われていらしても、好みでないものや、端からタンスの肥やしになるようなものをすすめるわけにはいきません。お客さまがお話しくださる会話はもちろんのこと、その日の服装、小物、ネイルやメイク、ヘアスタイルから、その方のライフスタイルはおのずと見えてきます。それを察したうえで、もしかしたらそのお客さまが自分では選ばないかもしれない“挑戦”の部分や、気づいていないけれど似合うかもしれないというお洋服や着こなしの提案をするのが、スタイリング エキスパートの役目だと思っています。

体型に関しては、私に似た体型の方には私自身の例を挙げてお話しします。やっぱりそれって説得力がありますから(笑)。違う体型の方には、豊洲店スタッフのチーム力が試される好機。豊洲店では、スタッフ同士で商 品に関する知識や情報の交換を頻繁におこなっています。新商品が入れば、試着会をおこなったりすることも。あのスタッフはこんな風に着ていますとか、この服があのスタッフの体型にはぴったりなんですよとか、自分で体感できないことは、スタッフ同士の情報交換の中から得たヒントを元にアドバイスさせていただくこともあります。

じつはスタイリング エキスパートのトレーニングの中には、スタッフ育成のコーチングもあり、役職に関係なく、後輩の指導やストアスタッフ全体のモチベーションを上げる役割も、私は自分の仕事のひとつとして捉えています。そういった意味でも、自分が受けたトレーニングの知識や、接客で得たスキルを豊洲店のスタッフ全員で共有することも多く、それがお客さまへのサービスに反映できればいいなと日々思っています。

自らおしゃれを楽しんで、
お客さまのロールモデルに

――来店するお客さまにとっては、とても心強い言葉ですね。では、これから春に向け、吉永さんにお買い物のサポートをしていただこうというお客さまにおすすめのアイテムはありますか?

吉永:はい。バナナ・リパブリックが日本人女性の体型に美しくフィットするよう開発した、“JAPAN EXCLUSIVE FIT”を採用したパンツコレクションがあるんです。まだまだご存知ではないお客さまもいると思いますが、リピートするお客さまも多いパンツコレクションで、今シーズンは全5型で登場します。

小柄な私の愛用モデルはテーパードクロップドの“Avery(エイヴァリ)”ですが、お子さまのいる方にはストレッチが効いて動きやすいスキニーの“Sloan(スローン)”、お仕事で穿きたいという方にはトラウザーライクな“Ryan(ライアン)”など、体型にもライフスタイルにも合わせて提案させていただける、豊富なバリエーションです。

よく、“似合うパンツを見つけるにはどうしたらいいですか?”と聞かれることがありますが、このコレクションはシーズンごとに同じモデルが登場するので、一度自分に合うモデルを見つけておくと、次のシーズンはそ のモデルの色や柄、素材のバリエーションからそのシーズンに着たいものを選べばいいので楽です。私は今日のベージュコーデのように、ニュートラルなカラーのワントーンや、ラベンダーなどきれい色のニットをさし色にして、春は軽やかなパンツスタイルを楽しむつもりです。それを店頭で見てくださって、同じようにおしゃれがしたいとおっしゃってくださるお客さまがいたら、嬉しいですね。

【 吉永さんの
マストハブアイテム 】

今年新調したダイアリー。「プライベートの予定も書き込んでいますが、仕事ノート的に使っています」。中には、商品に関する知識やメモなどがびっしり。真面目で勉強熱心な人柄がうかがえる。

リップクリーム。「乾燥対策アイテムとしてもマストなのですが、接客業なので顔色を明るく見せる色付きのものも愛用中。口紅よりさっと塗れて便利なんです。」服や気分に合わせて使い分けるため、つねに数種類をポーチに忍ばせているとか。

バナナ・リパブリックの春パンツ特集ページはこちら

PROFILE

吉永かおり | Kaori Yoshinaga
バナナ・リパブリック アーバンドッグ ららぽーと豊洲店 スタッフ

2010年に新卒で「バナナ・リパブリック」に入社後、アーバンドック ららぽーと 豊洲店へ配属。 のちに銀座店勤務となり、2016年にスタイリング エキスパートの一期生に選ばれる。 2017年の秋に再び、豊洲店へ異動となり、現在に至る。

Photo:Yukiko Onda Editor:NAMIKO YAMADA(husband.)

バナナ・リパブリック×KIKONAS
連動イベントを開催!

  • SPECIAL 1【 2/24(土)・25(日)

    「似合う」春ファッションに出会えるスタイリングをサービス
    「スタイリングエキスパートの記事はこちら」

  • SPECIAL 2【 2/24(土)・25(日)

    無料ドリンクサービス
    お買い物中にお楽しみいただける無料ドリンクをご用意
    ※12:00〜18:00の時間限定 ※なくなり次第終了

  • SPECIAL 3

    バナナ・リパブリック店舗限定 三井ショッピングパーク ポイントアップデー
    三井ショッピングパークカード《セゾン》のクレジット払いで、100円(税抜)につき10ポイント
    三井ショッピングパークカードで100円(税抜)につき9ポイント


    2/23(金)~25(日)

    アーバンドック ららぽーと豊洲店

    2/24(土)・25(日)

    ららぽーとTOKYO-BAY店

BANANA REPUBLIC

出店施設