• HOME
  • HEALTH
  • バイシクルアドバイザー・布袋田沙織さんが指南 〜初心者でも楽々〜 クロスバイクで効果的にボディメイク!
HEALTH

バイシクルアドバイザー・布袋田沙織さんが指南
〜初心者でも楽々〜 クロスバイクで効果的にボディメイク!

2018/11/02

近年人気の自転車だけれど、中でも憧れるのは少しスポーティーなクロスバイク。スタイリッシュなファッションを着こなしてクロスバイクで颯爽と走っている姿ってカッコイイ。普通に乗っているだけでも運動効果はあるけれど、どうせなら効率的にボディメイクできれば一石二鳥!そこで、今回は自転車に乗りながら行える簡単なボディメイクのテクニックを、バイシクルアドバイザーの布袋田沙織さんに教えてもらいました。

クロスバイクってどんな自転車?

スポーティな自転車に乗ってみたいけど、いろんな種類があってどれを選んだらいいのかわからない! なんて人も多いはず。そこで、COGGEY アーバンドックららぽーと豊洲店の長谷川さんにお話を伺いました。

「長距離を早く長く走ることができるロードバイクと、太いタイヤで車体を安定させる機能に特化した、山の中を走ったりするのに優れているマウンテンバイク。その2つをかけ合わせたものがクロスバイクです。両方のいいとこ取りをしているのが特徴で、車体やタイヤの太さ、ハンドル、サドル、ペダルなどのデザインも幅広く、ファッション性が高いのも人気の理由です。また5万円台から購入できるので、初めてのクロスバイクとしておすすめです。」

クロスバイクの基本の乗り方を学ぼう!

クロスバイクに限らず、自転車を乗るときに重要になるのは、まずフレームサイズと自分の体のサイズが合っているかということ。そのほかにも押さえておきたいポイントがあるので、買う前、乗る前に必ずチェックを忘れずに!

※道路交通法では、自転車乗車時にヘルメット着用の規定はありません。そのため、今回はヘルメット着用なしで撮影しました。しかし、ヘルメットを着用することで自転車事故時のリスクを減らせる場合もあります。乗車時にはご自身の判断で着用してください。

教えてくれたのは 布袋田沙織さん

ピラティスインストラクター・ボディメイクトレーナー としてアクティブなカラダやココロを目指してモデル、アナウンサーやスポーツ選手にトレーニングを行っている。2013年よりマウンテンバイクを始め、国内レースへの参戦の他、2017年よりamity mountaincrewとして海外のレースやフィールドに挑戦するなど、さらに活動の場を広げている。

まずは、フレームサイズを確認する。

「フレームをまたいで、両足の裏を地面にぴったりとつけます。股下とフレームの間に3~10cmほどの余裕ができていれば、適正なサイズといえます。フレームサイズが小さすぎても、大きすぎても筋肉が正常に使えないため、疲れやすくなる場合があります。必ずサイズは確認しましょう。」

サドルの高さを調整する

「最初は写真よりももう少し足裏が地面に付くような高さにしておくといいですが、慣れてきたら写真のように、つま先が付くくらいの高さまでサドルを上げましょう。ペダルが一番下の位置にあるときに、軽く膝が曲がるくらいがベストです。体の筋肉が正しく動き、足回りの筋肉や腹筋も使えるようになります。」

ブレーキのかけ方に注意する

「ブレーキは右が前輪、左が後輪に繋がっています。止まるときに、右ブレーキだけを使うと、後輪が上がって転倒する恐れがあります。まずは左ブレーキを軽くかけてから優しく右ブレーキを使うと、急ブレーキになる心配がありません。また、マンホールや白線の上でブレーキをかけると、スリップしやすいので要注意です。」

クロスバイクに乗りながら
ボディメイクにチャレンジしよう

信号待ちの間や、公園などでゆっくり走りながらボディメイクする方法を布袋田さんにレクチャーしてもらいました。サドルに座っていることで骨盤が固定されるので、椅子や床に座って行うよりも効果的なのだそう。ギアは前後輪とも真ん中くらいの重さにしておくと、スピードが出すぎずゆっくり走れます。

「ハンドルに手を軽く添えて、1→2のように腕を体に寄せ、脇を締めてハンドルを押しながら上半身を前後させると、二の腕に効果があります。また、3のように脇を開き、上半身を前後させるとバストアップ効果に。走りながら行うときは、軽く前に倒れる程度でもOKです。」

「ハンドルをしっかりと握って、片方の肩を前に出し、もう一方の肩を後ろに引いて、ひねるように肩甲骨を動かします。自転車を漕ぎながらでもできる動作なので、移動しながらがおすすめです。また、前傾にならず、前を向いたままおへそから肩を回転させると、ウエストにも効果がでます。」

「ペダルに足を乗せ、つま先を上下させることで、足首のストレッチが行えます。停車中に、ペダルに乗っている片脚ずつ交互に行いましょう。また、足先でペダルを漕ぐとふくらはぎに、かかとを乗せてペダルを漕ぐとお尻に負荷がかかるので、ぜひトライしてみて!」

COGGEYのおすすめクロスバイク4選!

定番人気のものから、話題のメーカーまで、数多くクロスバイクが並ぶCOGGEY豊洲店で、初心者にもおすすめの4台をセレクトしていただきました。デザイン性も機能性もよく、お値段もお手頃なので、ぜひチェックしてみて!

11.4kg ¥56,160(税込)

布袋田さんも「かわいい!」とお気に入りだった、MARINの迷彩柄クロスバイク。最初から付属品として、サイドスタンドと、カギ、コットンバッグが付いているのも嬉しい。また、日本限定で小さい人向けの13というサイズがあるので、背の小さい女性にもぴったり。走りやすくクッション性のいいタイヤも特徴で、気軽に乗れる入門バイクとしておすすめです。

11.3kg ¥62,424(税込)

ストリートライクな見た目がスタイリッシュなRITEWAYのSHEPHERD CITY。シンプルで乗り心地を重視したデザインは、おしゃれして乗りたくなること間違いなし。お尻が痛くなりにくいサドルや、アルミのペダル、また、付属品としてスマートフォンフォルダーが付いていたりと、細部にまでこだわっているところも、人気の秘密です。

10.8kg ¥63,720(税込)

アメリカ発のブランドでありながら、日本人が手がけているブランドFUJIは、自転車ブランドとしてはもはや有名すぎるほど。ストリートっぽさのある、カラフルなカラーリングは、乗っているだけでテンションがあがってしまう、ファッショナブルさが魅力。また、シマノ製パーツを使用しているので、操作性もメンテナンス性も抜群。ライフスタイルにすんなり溶け込んでくれる一台。

12.4kg ¥52,920(税込)※カゴは別売り

トップチューブを下げた「スタッガード」タイプのフレームを採用したLOUIS GARNEAUのLGS-C8。小柄な女性や、スカートを履いたままでも乗り降りがしやすいのが特徴。泥よけがついていたり、タイヤが26inchで小ぶりだったり、お気に入りのカゴをつけたりできるのもポイントで、カジュアルなデザインが女性に大人気。

レンタサイクルで
クロスバイク体験ができる!

COGGEYアーバンドックららぽーと豊洲店では、レンタサイクルをご用意しています。購入前にまずはクロスバイクを試乗してみたいなら、ぜひレンタサイクルを利用してみて。店頭・お電話にて予約をするのがおすすめ! ※レンタサイクル¥1,800/1日~より。

※施設・店舗により商品の取扱が異なります。予めご了承ください。

COGGEY

出店施設