MENU

ららぽーとEXPOCITY

GOURMET GUIDE グルメガイド

  • 11月ボジョレ・ヌーヴォー解禁!カルディコーヒーファームでそろえたいワインのおとも
    まとめ

    11月ボジョレ・ヌーヴォー解禁!カルディコーヒーファームでそろえたいワインのおとも

    2017.10.31 EPARKららぽーと編集部
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • B HATENA
  • GOOGLE +
  • MAIL

11月16日は、ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日!お手頃価格から、ちょっと贅沢なものまで様々なワインが販売されます。
 
ボージョレワイン委員会による今年の評価は「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」とのこと。当たり年と言われた2015年を彷彿とさせる出来のようです。
 
そんなボジョレー・ヌーボーに欠かせないのが、おいしいおつまみ。
 
そこで今回は、世界各国の様々な輸入食材を取りそろえる、カルディコーヒーファームで購入できるワインのおともをピックアップしました。

これぞ王道の組み合わせ!口の中でとろけるフランス産チーズ


フランス、ブリー地方が原産地の白カビチーズ「ルスティック ブリー」。まろやかな口当たりと、しっかりとしたコクが特徴的です。ワインと一緒にそのまま食べてもおいしいですが、クセが少ないのでサラダのトッピングにもおすすめです。お手頃な価格で本場の味を堪能できます。
 
ルスティック ブリー 369円(税抜)
 

フランスの老舗メーカー「デュック・ドゥ・ガスコーニュ」のテリーヌ


1953年創業のフォアグラの老舗、フランス「デュック・ドゥ・ガスコーニュ」社のテリーヌもワインと相性抜群です。お味は3種類のなかから選べます。それぞれ特徴をみていきましょう!
 

 
「ホロホロ鳥のテリーヌ」は、濃厚な味わいと、ジューシーな食感が人気です。一口食べると、ロゼワインのエレガントな香りが広がります。そのまま食べても十分においしいですが、カルディコーヒーファームで販売しているクラッカーなどに乗っけていただくのがおすすめです!
 

 
コクがあるオマール海老の味わいに、白ワインや柑橘系の香りが広がる「ロブスターのテリーヌ」。前菜としても楽しめます。
 

 
「鴨のテリーヌ フィグ入り」は、鴨肉とドライフィグの甘みがバランスよく、シラーワインの香りが上品に広がります。
 
1つずつ買って食べ比べしてみるのも、良さそうですね。余ったら、パンに挟んで翌朝やランチのサンドイッチにも出来てしまう優れものです。ぜひ、今年のボジョレ・ヌーヴォーと合わせてみてください。
 
デュック・ドゥ・ガスコーニュ テリーヌ各種 各462円(税抜)
 

手軽につまめて、嬉しい成分いっぱいのドライフルーツ!


天然の旨味が凝縮されたドライフルーツはワインのおともにピッタリ。美容や健康に良い成分が豊富に含まれているところも嬉しいポイントですね♡
 
赤ワインとよく合うのが、「プラスワイン 枝付きレーズン」。完熟したフレームシードレス種(赤ワインの原料)の葡萄 を手摘みし、枝に付いたまま天日乾燥させたものです。枝についたまま天日乾燥させると、熟成度があがり、より甘くなるのだとか。
 
大きな実と甘みが特徴的なトルコ産いちじくを使用した「プラスワイン ドライいちじく(白)」も人気です。添加物不使用なので、お子さまのおやつなどにも安心ですね♪
 
プラスワイン 枝付きレーズン/プラスワイン ドライいちじく(白) 各650円(税抜)
 
収穫の秋を味わう、ボジョレ・ヌーヴォー。美味しいワインには、それにあった良いおつまみを揃えたいものです。カルディコーヒーファームで揃えた選りすぐりの食材で、今年の新酒をお楽しみください!
 
 

キーワード

  • TWITTER
  • FACEBOOK